« B'zの音と映像の魅力 | トップページ | ボブ・ディランがいつもそこにいる。 »

人類は愚かで滑稽な生き物?

半額クーポンを利用してレンタルしてみたもの。

                          

「マーズアタック」

                          

                          

                          

                          

監督はティムバートン氏。

                          

                          

ティムバートンというと「チャーリーとチョコレート工場」くらいしか

思い浮かばないんですが、

独特な世界観なのかなぁとそんな感じでしか借りる前までは

思っていませんでした。

                          

                          

もともと借りようと思っていたのは、キューブリック氏の作品を

何か借りようかなぁと思っていたんです。

けれど、みつかんなくてね。

                          

どうもお店側の方でレイアウトを変えちゃったみたいでした。

                          

                          

そこで、みつけたのがこの作品。

                          

なかなかユーモアあるなぁと。

                          

というか、いちいちツッコミさせていただきましたが。

                          

火星人が、レッドカーペットのある位置に

都合よく着陸してくれるのか?

                          

マイクと言うものが音声を拡大させる機会だと認識できるのか?

                          

とか。

                          

ピアース・ブロスナン(007ゴールデンアイのボンド役の人)の

真面目なんだけど、妙にバカっぽく映るところとか。

                          

そういうものを含めてバカっぽく映るのにユーモアを感じられました。

(誤解なきよう・・・褒めていますよ)

                          

                          

実際に火星人がやってきたときの人間の応対って

案外こんなもんだったりしそうです。うん。

                          

                          

|

« B'zの音と映像の魅力 | トップページ | ボブ・ディランがいつもそこにいる。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/401475/27448800

この記事へのトラックバック一覧です: 人類は愚かで滑稽な生き物?:

« B'zの音と映像の魅力 | トップページ | ボブ・ディランがいつもそこにいる。 »